スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病は運動で改善

平成24年12月26日静岡新聞夕刊より
「こころの処方箋⑦」
 うつ病患者は、日本では400万~800万人いると推測されているが、実際に医療機関を受診する人は100万人にすぎない。他の人は「体調が悪い」程度の認識しかなく、生活の質は低下したままになる。不眠はその初期症状といわれるため、周囲で互いにモニターし合うことが大切だ。
 うつ病は、心療内科や精神科で抗うつ剤などの適切な治療を受ければ確実に治る病気だ。しかし、薬で治すことに抵抗感を持つ人は多い。そんな人に朗報がある。運動で治るという研究報告が多数出てきているのだ。
 代表的な研究は、うつ病の人を集めて無作為に2群に分け、片方には抗うつ剤、もう片方の群の人に週3回、45分間くらいのジョギングをしてもらったそうだ。すると、3ヶ月後にはどちらの群も、同じだけうつ病が改善していたという。
 米国は国民皆保険ではなく、抗うつ剤は高価であるため医療機関を受診しないで自分で何とかしようというセルフケアの考えが浸透している。日本では、うつ病で受診すると抗うつ剤を処方されることが圧倒的に多い。効果が約2~3週間後に出始め、ほぼ3ヶ月で治ることが分かっているからだ。運動がこの抗うつ剤と同じくらいの効果を示したことは重要だが、医師はまだあまり知らないのかもしれない。
 運動の種類が有酸素運動でも無酸素運動でもいいことも朗報だ。筋トレでも良いということだ。実際、うつ病を合併したがん患者の治療で、あまり抗うつ剤を使いたくないというケースでは、私は必ず運動処方をする。
 得意なスポーツや苦手でないスポーツをお聞きし、体力に合わせて例えば毎日3回はスクワットをしてもらうというような処方箋だ。これが意外に効果的で、患者さんから喜ばれている。(保坂隆・精神科医)
スポンサーサイト

「褒めれば伸びる」は本当

平成24年11月8日(木)静岡新聞夕刊より。
 「褒められると伸びる」は本当。運動トレーニングをした際に他人から褒められると、上手に運動技能を取得できることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の定藤規弘教授(神経科学)らの研究グループが実験で明らかにし、米オンライン科学誌プロスワン11月7日号に発表した。
 グループの田中悟志名古屋工業大准教授(神経工学)は「教育やリハビリテーションの現場で応用できる」としている。
 研究グループは右利きの成人男女48人に、キーボードの1から4のキーを使った5桁の数字を、左手で決められた順番でできるだけ早くたたく運動を覚えてもらい、運動直後に①自分が褒められる②他人が褒められるのを見る③自分の成績をグラフだけで見る―の3グループに分けた。
 翌日、覚えた順番通りにキーボードを何回たたけるかを実験すると、運動直後に自分が褒められたグループは前日から成績が20%伸びた一方、ほかの2グループは13~14%の伸びにとどまった。

《102歳の健康の秘訣は?》

12月15日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」という番組で紹介された話です。
 岩手県の下川原孝さん(102歳)のお話です。下川原さんはマスターズ陸上100歳以上の部で現在、槍投げと円盤投げの2つの世界記録を持つスーパーおじいちゃんで、さらに今年初めて挑戦した砲丸投げでも見事世界記録を樹立したそうです。
 そんな下川原さんの健康の秘訣についてですが、毎朝の腕立て伏せ20回とスクワット20回、そして週4回40分のお散歩を欠かしていないそうです。なるほど、これが健康の秘訣と思いきや、本人によると秘訣ではないとのこと。
 では実際は、『ちょっとごまかすことよ。』だそうで、つまり、日課の腕立て伏せ20回も、しんどくなったら2,3回ごまかしてやめるのだそうです。40分のお散歩も10分ぐらいごまかすこともあるそう。
 『ちゃんとやって嫌になったら、それ自体をやらなくなってしまう。嫌になってやめるより少しごまかしてでも続けたほうがイイ。』ということだったのです。
 やってることは素晴らしく良いことなんだから、きっちりやりすぎて嫌になってやめてしまっては本末転倒。続けることに意味がある。なんとも深イイ話でした。

テーマ : 健康で過ごすために
ジャンル : ヘルス・ダイエット

《指導のテクニック》

平成19年12月7日静岡新聞夕刊「窓辺」より。《指導のテクニック》山本昌邦
 子どもたちは、成長するための燃えさかるようなエネルギーを持っている。そのエネルギーにどれだけ灯をともせるか、が指導者にとっても欠かせないテクニックだと思っている。そのために必要なキーワードは「説得」である。いくら説明が上手でも、子どもの心に響かなければエネルギーに灯をともせない。説得できれば子どもたちは「納得」し、うまくなろうと努力するようになる。育成とは教えることではなく、気付かせることである。
 言葉の使い分けも重要だ。「われわれ」と「君たち」を例に挙げてみると-。「われわれ」とやるのは結果が良くなかった時で、「『われわれ』が悪かった」と指導者も失敗仲間であることを強調する。逆に結果を出した時には、「『君たち』のプレーが良かったから」と子どもたちをたたえる。主役はあくまでも選手だという姿勢を示すことが大切だ。
 こうして、「われわれ」と「君たち」を使い分けることにより、子どもたちとの信頼関係が芽生えてくる。失敗したら、とがめるより褒めること。このことも肝に銘じておきたい。失敗を恐れてチャレンジしないより、失敗しても前に突き進む姿勢を評価すべきと思う。失敗の中にも、必ずちょっとした成功がある。そこを見逃さず褒めてやると、暗かった子どもたちの表情は明るくなり、課題克服に向けて、新たな挑戦を始める。
 「リスクを負わないことこそ、リスクである」と言いたい。失敗から学ぶことは山ほどある。大きな失敗をした人ほど、大きな成功にたどり着く。失敗と成功の量は比例する。
                                        (プロサッカーコーチ)

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

《深刻!小学生の体力低下》

平成16年1月25日読売新聞より。
埼玉県で開幕した日本教職員組合の全国集会で報告する福島市立杉妻小の佐藤晃一教諭によると、3年生の4つのクラスで逆上がりをさせたところ、出来た児童は1クラス(33人前後)あたり、わずか4~5人。腕力不足から自分の体を支えることができない児童もいたという。このほか、長距離走では、途中で走るのをやめ、座り込んでしまう子も珍しくなく、マット運動では体の柔軟性がないため、真っすぐに回転できないケースも見られたというもの。佐藤教諭は「幼少期に遊びの中で基礎的な体力を身につけていない子が増えている」と指摘している。学校が終わって家に帰ってカバンを放り投げて外に飛び出して暗くなるまで外で遊んでいるなんてのは遠い昔の話。友達の家に遊びに行ってもそれぞれ自分のゲームボーイで遊んでいたり、帰ったらすぐに塾へ行って遅くまで勉強していることも。最近では腰痛や肩こりに悩んでいる子も多いとか。小学生の時期は成長する上で体力や動き作りに大切な時期です。その子の一生の体力を決定するといっても過言ではありません。学校はもちろんですが特に家庭での役割は大きいと思います。お父さんお母さん体を使って子供と遊んであげてください。

テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ゴットハンド所長

Author:ゴットハンド所長
私が田中スポーツ医学研究所所長の田中康晴です。

私は、常々、患者さんに「先生の手は暖かいね。カイロを当てているみたい」って言われます。

普段どんなに冷たくても施術する時は、不思議と暖かくなっています。

それは私の自慢であり、治療家として必要な条件だと想っています。

施術院のホームページはこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。