スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《夏冷えにご注意》

平成20年8月8日静岡新聞夕刊「健康」より
 省エネが定着してきたとはいえ、ビルの中や電車の中で寒い思いをしている人は多いのではないだろうか。「夏冷え」は、自律神経による体の調節機能を狂わせ、冬の冷えの悪化にもつながると考えられている。放置せず、きちんと対策を取ることが必要だ。
 「冷えを感じる女性は冬は全体の五割で、夏も四割に上る」-。日用品メーカーの花王が二〇〇六年、首都圏の女性約千人を対象に「冷え」の実態を調査した結果だ。夏冷えの原因は冷房。調査では二十~三十代の女性に冷えを訴える人が多く、ファッションや人目を気にして薄着をし、冷えに拍車を掛けていることも明らかになった。
 夏冷えの広がりに伴い、「夏バテ」の中身が昔とは変わってきた、と東京女子医大青山自然医療研究所クリニック(東京都港区)の川嶋朗所長(准教授)は言う。川嶋さんによると、昔の夏バテは熱中症と同じように暑さで体が熱を外に出せず、自律神経が参る、というもの。だから症状も食欲不振など熱中症と同じだった。ところが最近の夏バテでは、だるさや意欲低下など、自律神経失調症のようにさまざまな症状がみられるようになった。
 人間の体は寒い場所では自分を温めようとして自律神経のうち副交感神経が働く。暑い場所では冷やそうとして、もう一方の交感神経が働いて汗を出したりする。川嶋さんは「冷房に加え、冷たい飲食物の取りすぎで、自律神経の切り替えが狂ってしまい、いろいろな症状が起こるのではないか」とみる。体が冷えることで起こる血行不良の影響も考えられる。血行が悪くなると、酸素や栄養分を十分に運べなくなって細胞の機能が落ち、免疫や代謝の機能が下がる。「冬の冷えもひどくなり、一年を通じておかしくなる可能性もある」
 川嶋さんが勧める夏冷え対策は至って簡単だ。まずは冷たい飲食物をやめる。冷蔵庫から出したものはそのまま食べたり飲んだりせず、火を通したり温めたりする。次に冷房の効いた場所では衣服に気を付ける。ひじより上、ひざより上は露出しない。腕や太ももは筋肉が多く、血の巡りがいい。冷気にさらすと血液が冷え、全身の冷えにつながるからだ。寝るときのパジャマもそでがあり、すそもひざまであるものが望ましい。
 寝る前に、ぬるめのお風呂にゆっくりつかるのもいい。お風呂の温度は「出たら寒いかな」と思うくらいの三八~四〇度。時間は最低十分、できれば三十分が理想的だ。筋肉が増えると血の巡りがよくなるので、ダンベルや水を入れたペットボトルを使う腕の屈伸運動がお勧め。頭を手でいろいろな方向から三十秒ほど強く押すと、首の周りの筋肉が強化されるという。
スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ゴットハンド所長

Author:ゴットハンド所長
私が田中スポーツ医学研究所所長の田中康晴です。

私は、常々、患者さんに「先生の手は暖かいね。カイロを当てているみたい」って言われます。

普段どんなに冷たくても施術する時は、不思議と暖かくなっています。

それは私の自慢であり、治療家として必要な条件だと想っています。

施術院のホームページはこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。