FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルディックウォーク

最近流行りのノルディックウォークですが、ややステックを持つだけの人気の方が先行して、しっかりとした理論が付いていってないように思います。前置きしておきますが、ノルディックウォーク自体はとても良いものだと思います。調子を崩す傾向としては、やはりスティックに頼りすぎていることが多いようです。体の前でスティックを付いて体重を預けてしまう方がいるようで、そうすると肩や腕、背中などへの負担が大きくなってしまいます。スティックなしで歩くと体を起こしづらくなるようです。(腰の曲がった高齢者が手押し車を押している感じです)あくまでもスティックは補助でメインではありません。スティックの付く位置を体より前に出さないようにしましょう。

故障からの復帰の仕方

怪我や故障からの復帰は、簡単ではありません。普段からよく感じることは、「痛みが無くなった」=「治った」と思っているアスリートが多い気がします。これはイコールではありません。「痛みが無くなった」のは、あくまで痛みが取れた状態で、筋力や運動機能が回復したわけではありません。安易に普段通りの練習に復帰して、痛みがぶり返す経験をしたアスリートは多いのではないでしょうか?怪我や故障をした箇所の柔軟性や筋力、運動機能を以前と同じにするか、以前より強くする作業が、いわゆるリハビリテーションというものです。まずは、痛みを取る→リハビリを行う→競技復帰となります。
何をしたら良いかわからない方も多いと思いますので、簡単な考え方をお話いたします。怪我の場合は別ですが、故障の場合は、それまでの練習で傷めた訳ですから、練習を休めば当然痛みは楽になるはずです。ただ、休んでしまうとせっかく積み上げてきた体力が落ちてしまいます。実は動いている方が早く回復します。では、どう動くか?がポイントになります。約束を守れば基本的に何をしても構いません。
約束①
故障の原因は、フォームが崩れたためです。良いフォームは故障しません。良いフォームを崩さないようにすること。出来る範囲の動きをします。
約束②
全体の基準を弱い(悪い)部分に合わせること。運動の強度、量、スピードなどです。患者さんにはよくたとえ話をしますが、「悪い方の脚は、あなたのお母さんの脚が付いていると思いなさい。自分の基準で練習したら、お母さんの脚は練習に付いて行けますか?」という話をします。
約束③
これは通常の練習でも言えることですが、超回復を成立させること。疲労と回復のバランスを守るということです。早く復帰したくて一気に運動量を増やしたり、スピードを上げないこと。
これらを守れる範囲で、運動を行なってください。

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

腰痛の原因って、「ストレス」??

先日のためしてガッテンの放送で「驚異の回復!腰の痛み」と題して腰痛の新事実が放映されました。要点を説明しますと、「腰痛の85%が原因不明」であること、「椎間板ヘルニアは、腰痛の犯人ではない」ということ、「痛みの原因はストレスだった」ということです。私の考えでいくと「???」な部分があります。まず、腰痛の85%が原因不明とは、どういうことなのでしょう。要はレントゲンやMRIなどで何らかの問題があるものが、15%で、問題がないのに痛みを訴えているのがすべて原因不明だというのです。本当にそうなのでしょうか?原因が不明とは分からないと言うことなのでしょうが、筋肉の存在はどこに行ったのでしょう?次に椎間板ヘルニアは、犯人ではないとのこと。そもそもヘルニア自体が犯人とはおかしな話であって、ヘルニアが何故飛び出してしまったのかが、問題なのではないのでしょうか?最後は、痛みの原因がストレスだったということです。ストレスが痛みの原因になることは私のところでは以前から言っておりました。ただそれは、緊張の面からであって、今回の脳の血流量が落ちて鎮痛物質が出なくなるということは新たな事実で勉強になりました。ただしかし、このままだと治りの悪い腰痛患者の全てが「ストレス」で片付けられてしまうようで、少し心配になりました。ストレスは1つの原因ではあるけれども、それだけではないということを覚えておいてください。

筋トレについての深イイ話です。恩師の魚住先生のメルマガから抜粋です。

朝日新聞朝刊(2011.06.07.) にサッカーACミランの日本人トレーナ
 ーの面白い記事が掲載されていました。この記事を読んで筋力トレーニン
 グについていろんな思いがあると思いますので、紹介しておきます。
 『かつて、ACミランにフランス代表MFドラソーという選手がいた。2006年
 のW杯ドイツ大会の代表にも選ばれた名選手。インターネットのユーチュ
 ーブで、この選手の裸の映像を見てほしい。驚くほど、筋肉がないのだ。
 フランス代表まで上り詰めた彼は、これ以上の筋肉をつける必要はない。
 むしろ変な筋力をつけてバランスを崩し、けがをしたら意味がない。
  母校の静岡・清水東高の後輩に反町康治(現J2湘南監督)がいたが、彼
 も同じだった。天才的なプレーヤーに無駄な筋力はいらないし、サッカー
 に必要な肉体はサッカーの中で作るべきだと思う。私がJ1清水のトレー
 ナーをしていた時、イナルドというブラジル人のフィジカルコーチがいた。
 彼がどんな仕事をするのかじっと観察していたが、何もしない。正直に言
 うと「給料泥棒かも」と思っていた。しかし、何もしないということの意
 味が最近、理解できるようになってきた。余計なフィジカルトレーニング
 は、百害あって一利なし。日々のサッカーの練習を一生懸命にやることで、
 サッカーのための筋力、スピード、持久力などがつくことが究極の理想だ。
  もちろん、日本代表DF長友佑都(インテル・ミラノ)がやっているよ
 うな体幹トレーニングなどの補強トレーニングは必要だ。例えば、アフリ
 カ系の選手はすごい運動能力があるが、おしりの筋力が強すぎ、その筋肉
 を機能させる別の筋肉が足りず、能力を発揮できないことがある。ただ、
 すごい筋力があっても、けがばかりしていては意味がない。1年を通じて
 けがなくコンディションを維持させれば上等であり、その中で少しでも向
 上させていれば、それは、最高のフィジカルコーチである。様々な選手の
 けがに対処してきたミランでのトレーナー経験を生かし、けがを予防する
 という視点を持ってフィジカルコーチにも挑戦してみたい。』

1日も早い復興をお祈り申し上げます。

車の保険屋さんにハガキをいただくのですが、今回の震災に関しての良い記事がありましたのでご紹介します。『歌手の松山千春さんがラジオでこんな呼びかけをしたそうです。「知恵のある奴は知恵を出そう。力のある奴は力を出そう。金のある奴は金を出そう。自分には何も出せないよ!って奴は元気を出そう。」きっと私達にも何か出来るはず。明るい未来に向かってガンバレ東北!!』というものでした。やり方は、人それぞれ。無理をしないで自分の出来ることから始めましょう。アントニオ猪木さんの言葉にもあります。「元気ですかー!!元気があれば何でも出来る。」
プロフィール

ゴットハンド所長

Author:ゴットハンド所長
私が田中スポーツ医学研究所所長の田中康晴です。

私は、常々、患者さんに「先生の手は暖かいね。カイロを当てているみたい」って言われます。

普段どんなに冷たくても施術する時は、不思議と暖かくなっています。

それは私の自慢であり、治療家として必要な条件だと想っています。

施術院のホームページはこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。